フィボナッチリトレースメントの使い方

フィボナッチリトレースメントの使い方

フィボナッチとは

フィボナッチとは自然界にある数列のことで、1番目と2番目の数字を足すと3番目
の数字になり、2番目と3番目の数字を足すと4番目の数字になり、それが永遠と繰
り返される数列をフィボナッチ数列と呼びます。

1.1.2.3.5.8.13.21.34.55.89.144.233.377.610・・・

イタリアの数学者レオナルド・フィボナッチに発見されたことから、フィボナッチと
名ずけられました。


フィボナッチ数列の任意の2つの数字から導き出された数字がフィボナッチ比率となります。
最初の数字は除いて、前の数字を後ろの数字で割ると0.618に近づいて、前の数字を2つ後ろ
の数字で割ると0.382に近づき、前の数字を3つ後ろの数字で割ると0.236に近づくという、とても
面白い特徴があります。

例えば、55÷89=0.617
    55÷144=0.381
    55÷233=0.236


・0%(0)
・23.6%(0.236)
・38.2%(0.382)
・50.0%(0.5)
・61.8%(0.618)
・78.6%(0.786)
・100.0%(1)


相場でフィボナッチを使う理由

フィボナッチ比率のことを、黄金比率とも呼びます。
この黄金比は人間が無意識に美しいと感じるもので、モナリザの絵画やappleの
リンゴのロゴ、その他にも建造物や芸術にも用いられています。

そのため、相場のチャートも投資家達の心理が反映されるため、相場の値動きも
黄金比率に沿って動くことがあります。

これを利用して、値動きの上昇幅や下落幅を予測する為に使われるわけです。

フィボナッチリトレースメントの引き方

日足などの上位足で引いてみるといいかなと思います。
フィボナッチ比率ラインが結構意識されているんじゃないかなと思います。
引き方は、最高値から直近の安値に合わせて引くだけです。

上昇トレンドの時

※本来は右側のチャートが出来ていないときに引くんですが、説明するために
分かりやすい所で引いています。

直近安値の①から直近高値の②で引いています。
直近高値からの下落幅を予想するために引いてみたんですが、②の高値から
下落していますが、フィボナッチラインの0.236まで下落、その後の下落で
0.618手前ぐらいで下髭を付けて反発し、その後上昇していっていることから、
0.236・0.382・0.618が意識されやすい数字だと分かるかと思います。

下落トレンドの時

①の直近高値から②の直近安値で引いています。
画像の赤丸で囲っているフィボナッチラインが意識されているのが
分かると思います。

やはり0.236・0.382・0.618が意識されやすい数字なんだなと思います。

直近の値動きを知りたいなら

17日の17時~18日の17時までの15分足で引いてみました。
0.236あたりから上昇しましたが、0.5で跳ね返され、0.382まで下がった後
反発してちょっと上がりましたが、また0.5付近で跳ね返されていることから、
0.5付近がレジスタンスラインなのかなと思います。

その他のフィボナッチツール

フィボナッチリトレースメント以外にも種類があります。
フィボエクステンションやフィボチャネル、フィボタイムゾーンなど、
数種類あるみたいなので、自分がしっくりくるやつを試してみるといい
と思います。

FIb Retracement
Fib Extension
Fib Channel
Fib Time Zone
Fib Speed Resistance Fan
Fib Time
Fib Circles
Fib Spiral
Fib Speed Resistance Arcs
Fib Wedge