ダウ理論とはなんぞや?ダウ理論の使い方

ダウ理論とはなんぞや?ダウ理論の使い方

ダウ理論とは?

ダウ理論とは、チャールズ・ダウが提唱した市場の値動きを評価するテクニカル分析の理論で、
6つの基本原則で構成されています。

100年以上前に考えられた理論ですが、現在でも多くのトレーダーに活用されている理論になります。

ダウ理論の6つの法則

ダウ理論は、6種類の基本法則で構成されます。
株やFX、仮想通貨などテクニカル分析全般に適用されると思います。

  1. 価格はすべての事象を織り込む
  2. トレンドには3種類ある
  3. トレンドは3段階ある
  4. 平均は相互に確認されなければならない
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
  6. トレンドは明確な転換サインが出るまで続く

価格はすべての事象を織り込む

経済指標や金融政策などのファンダメンタルズ的な要因、災害や戦争、投資家達の売買行為
など、これらの情報が価格に織り込まれているという考え方です。

そのため、これらの情報がチャートに現れると考えられます。
これを踏まえたうえで、テクニカル分析をすれば、今後の価格の動きを予測することが可能である
ということになり、この基本原則はテクニカル分析をする際に非常に重要である根拠となります。


トレンドには3種類ある

ダウ理論では、トレンドは短期・中期・長期の3つに分類されるとあります。


・長期トレンド:1年未満から数年(週足、月足で確認)
・中期トレンド:3週間から3ヶ月(日足、4時間足で確認)
・短期トレンド:数時間から1ヶ月(1時間足から15分足で確認)

トレンドは一方向にだけ動くのではなく、複数の短期トレンド、中期トレンド
が組み合わさって動いていきます。

中長期で見たときに上昇トレンドであっても、短期でみた場合複数の下落トレンド
が必ず含まれています。

自分がどの時間軸でトレードするのか、スキャなのか、デイトレなのか、スイング
なのか、明確に決めておく必要があります。


トレンドは3段階ある

長期トレンドは、3段階で構成されると考えます。

第1段階の先行期
一部の投資家達がいち早くトレンド転換を察知して底値で買いを行い、
ゆるやかに価格が上がっていきます。

第2段階の追随期
株価上昇や景気改善が見られ、多数の投資家が追随して買い始めます。

第3段階の利食い期
報道での扱いが大きくなり、出来高も増え、一般投資家や初心者の参入も増えていきます。
この段階が、最初に買い始めた先行型の投資家が利益確定するところで、
トレンドの最終段階です。

第3段階で買いで入ってきた投資家は間違いなく高値掴みとなり損すると思います。


平均は相互に確認されなければならない

第4の原則の平均とは、たとえば当時株式市場では工業株価平均と鉄道株価平均の
2つをもって構成されていました。
両者は、ばらばらな動き方を示すものと認識されており、それらが同じ方向性を
示さない限り、本格的な上昇トレンド/下降トレンドとはいえないと考えたのです。

これを応用して、現代では複数の銘柄で同じトレンドを確認するべきということです。
FXに当てはめるならば、相関関係のある通貨ペアや指標を確認するのが重要ということです。
例えば、為替と金利のレートで、ドルが上昇している時は米金利も一緒に上昇していなければならないや、各通貨ペアでドルが相対的に売られている時は、ドル円は下落、ユーロドルは上昇というような相関関係が見られることなどです。


トレンドは出来高でも確認されなければならない

ダウはシグナルを判断するための重要な要素として、出来高をあげています。

上昇トレンドであれば出来高は価格が上昇するにつれて増加するが、
価格が下落するようになったら出来高も減少する、という理論です。

トレンドは明確な転換サインが出るまで続く

上昇または下降トレンドが開始すると、その動きは継続する性質があります。


上昇トレンドでは、高値と安値がそれぞれ切りあがり、
下落トレンドでは高値と安値がそれぞれ切り下がるとあります。



ダウ理論では、明確な転換シグナルが発生するまでトレンドは継続し、
高値および安値の切り上げ、切り下げというトレンドの定義が崩れたときが
転換シグナルになると考えます。

また、相場は波形を作りながら動いていきますが、トレンドがある状態には
波形に特徴があり、このトレンドが続く限り波形が続くものと考えます。
反対に、この波形に乱れが生じた場合は明確な転換シグナルとなります。

上昇トレンドで、高値を切り上げられず安値を切り下げて波形が乱れると、
トレンドが終わりか調整に入ったものと考えます。
下降トレンドでは、安値を切り下げられず高値を切り上げて波形が乱れると、
トレンドの終わりか調整に入ったものと考えます。