平行チャネルとは?初心者でもできるラインの引き方使い方

平行チャネルとは?初心者でもできるラインの引き方使い方

平行チャネルとは

平行チャネルとは、ローソク足の上値同士、下値同士を2本の線で平行に
引いたラインのことです。
平行チャネルを引くことによって、トレンドの向きが視覚的に分かりやすく
なると思います。

平行チャネルを使う理由

平行チャネルを使うことによって、トレンドの向きだけではなく、その
トレンド内においての値動きの幅や、エントリーチャンスがどこなのか
なども分かるようになります。

トレンドの向きが分かる

ローソク足だけだと、トレンドの向きが少し分かりずらいと思いますが、
平行チャネルの傾きによって、上昇トレンドなのか、下落トレンドなのかが
視覚的に分かるかと思います。

トレンド内での高値・安値が分かる

チャネルライン内での、価格が高いのか?安いのか?値幅はどのくらい
動くのかが分かります。
ローソク足が、平行チャネルのセンターラインより下なら安い価格帯、
センターラインより上なら高い価格帯という具合です。

サポレジ転換が分かる

サポートだった部分が下抜けすることで、レジスタンスに変わる。
レジスタンスだった部分が上に突破することでサポートに変わる。
このサポレジ転換が平行チャネルを引くことによって、分かりやすく
なるかと思います。



平行チャネルの見方

チャネルラインは、チャネルラインの値幅の動きや、相場の強さなど
を見ることができます。

チャネルラインの値幅で動く

価格は一定の値幅を往復して動く傾向があります。
基本的には、レンジでもトレンドでもチャネルラインの間は一定の値幅で保たれ、
一直線に動き続けることはありません。

必ず上え下えと、ジグザグと往復しながら動いていきます。

相場の強さを判断

チャネルラインは、長さ・角度・値幅で相場を判断することができます。
長さは、支持や抵抗する力が強くブレイクした後の反動も大きい。
角度は、ラインの角度が急なほどトレンドの力は強く短くなります。
値幅は、値幅が広ければ広いほどトレンドは強く長く持続する傾向があります。

平行チャネルの引き方

平行チャネルのひきかたは、 まずトレンドラインを決めてから、
決めたトレンドラインを平行移動させればできます。
安値を起点にトレンドラインを引いたのであれば、高値の方に平行に移動する。
高値を起点にトレンドラインを引いたのであれば、安値に平行に移動する。


最低でも高値、安値の3点は意識する

平行チャネルを引く際は、最低でも3ヶ所から4ヶ所の高値・安値にラインを
引くようにしましょう。
ラインに当たる反発ヶ所が多いほど、その価格帯が意識されているということですので、
分析する制度が上がるかと思います。

短期・中期・長期の3つに分ける

日足、週足で長期のチャネルを作り、4時間足で中期のチャネルを作り、1時間足で
短期のチャネルを作っています。
日足や週足のチャネルで大まかなトレンドの方向を確認して、中期、短期のチャネルで
大きな流れの中にある細かい流れを見る為にやっています。

平行チャネルを引くときはヒゲにとらわれすぎない

平行チャネルが綺麗に機能しているのであれば、ローソク足のヒゲはさほど気にしなくてOKです。
重要なのは、トレンドの方向性や、サポレジ転換、値幅の動きなどを知ることの方が大切ですので、
ラインを引く際、そこまでシビアになる必要はないかと思います。







平行チャネルのメリット

平行チャネルは多くの反発ポイントを推測したり、トレンドの向きを視覚的に捉えたり、
ボラリティがどのくらいなのかなど、有効に分析できるツールだと思います。

トレンドの方向を知れる

平行チャネルを引くことで、上昇トレンドなのか、下落トレンドなのか、
値動きの幅はどのくらいなのか判断することができます。

チャネルを引くことで、最適なエントリーポイントを定めることができる
おすすめのツールだと思います。


ボラリティがどのくらいか判断できる

ボラリティが高い相場では、価格が激しく動いたりするので無理なエントリーを
しないことも大切だと思います。

ですが、広い幅の平行チャネルで値幅が大きい場合、大きめの利益を狙いに行ける
メリットもあります。
ボラリティの大きさと、トレードする時間軸によって、エントリーを控えた方がいいのか、
または利益が取れるのかの判断材料になるかと思います。


リスクリワードが取れる

損切り幅に対して、どれぐらいの幅の利益を狙いに行くか考えるのがリスクリワード戦略です。
平行チャネルを使うと、チャネルライン内で価格が動いているのが分かります。
価格の動きが推測できるので、欲張りすぎたトレードではなく、適切なトレードが
できるかと思います。

利益幅だけでなく、損切幅も判断しやすくなり、適切なリスクリワード戦略が
取れるようになるかなと思います。


平行チャネルのデメリット

メリットばかりではなく、デメリットも合わせて知っておくといいかなと思います。

人によって引き方が違う

ローソク足の始値、終値にラインを合わせる人もいれば、ヒゲの先端に合わせる方も
います。
人によって様々ですが、そこまでシビアになる必要はないかなと思ってます。

チャネルラインが綺麗に機能していればいいので、ヒゲの先端でも終値でも、
どちらでも大丈夫かなと思います。
何度もラインを引く練習をしていれば、ちゃんと綺麗に機能したチャネルが
引けるようになるかと思います。

トレードチャンスが減る場合がある

トレードする時間軸にもよるとは思いますが、チャネルラインによっては適切なトレード
ポイントを見つけることが難しく、適切なタイミングまで待つ必要があります。
ですが、待てずにトレードしてしまい負けている方が多くおられるかと思います。

適切なトレードポイントまで待つことが一番大事かなと思います。


平行チャネルを使ったトレード方法

平行チャネルを使ったトレード例をいくつか上げていきたいと思います。
※投資は自己責任で❕

順張り

上昇トレンドの時は、チャネルラインの底で買って、チャネルラインの天井で売り、
損切はチャネルラインの底で切ります。

下降トレンドの時は、チャネルラインの天井で売りでエントリーし、
チャネルラインの底で決済します。損切はチャネルラインの上です。

逆張り

横這いのチャネルライン内で取引する時は、直近の安値で買って、直近の高値で売ります。

サポートライン、レジスタンスラインでのエントリー

下降チャネル内で、レジスタンスラインでの売り(ショート)エントリー。
サポートラインでの買い(ロング)でエントリー

ブレイクアウトエントリー

下降チャネルのレジスタンスラインを抜けて買い(ロング)

プルバックエントリー

下降チャネルのレジスタンスラインを抜けたローソク足が再度戻ってきて、
レジスタンスラインで反発したところで買い(ロング)