ボリンジャーバンド【Bollinger Band】の見方と使い方

ボリンジャーバンド【Bollinger Band】の見方と使い方

ボリンジャーバンド(Bollinger Band)とは

ボリンジャーバンド(bollinger band)は、ジョン・ボリンジャー氏によって
1980年代に発案された指標で、名前か由来しているインジケーターになります。
統計学の標準偏差の考え方を移動平均線に取り入れたものです。

移動平均線の上下に標準偏差ラインを引きこれが帯を形成します。
上の画像はボリンジャーバンドを2つ重ねたものになりますが、ボリンジャーバンド
内側の上下ラインが±2σ、その外側にある上下ラインが±3σで設定してます。

ボリンジャーバンドの間で価格が推移する統計学的な確率は

±1σ=68.3%
±2σ=95.4%
±3σ=99.7%

と、なっており、ボリンジャーバンドの端に価格(ローソク足)が到着すると、
折り返す可能性が高いということです。




ボリンジャーバンドの見方は基本的な動きを覚えればOK

ボリンジャーバンドには3つの時期があります。
スクイーズ→エクスパンション→バンドウォークと、基本的にこの
3つの動きに分かれます。

スクイーズ


ボリンジャーバンドがギュッと押しつぶされた状態です。
値動きが少なく、レンジ相場となります。

エクスパンション


ボリンジャーバンドの両端が大きく開くことをエクスパンションといいます。
価格の動きとは逆のバンドが開くことがエクスパンションといい、
片側だけのバンドが開いている状態ではエクスパンションとは言いません。

エクスパンションが起こると価格が一気に動くため、トレードのチャンスかなと思います。

バンドウォーク


開いたボリンジャーバンドの端に沿ってローソク足が上昇している時期を
バンドウォークといいます。


ボリンジャーバンドの順張りと逆張り

ボリンジャーバンドを使って売買する際に、大きく分けてバンドの下限に
価格がきたら買って、バンドの上限に来たら売る順張りと、
バンドウォーク始まり時に買って、バンドウォーク後に売る順張りがあります。

ボリンジャーバンドの順張り


エクスパンション後のバンドウォーク時に買えば順張りとなります。
ボリンジャーバンドの1番外側のバンドをローソク足が抜けて、そのまま
価格が推移していけば、トレンド相場に移行したと判断することができます。

ボリンジャーバンドの逆張り


ボリンジャーバンドの下限にローソク足が到着したら買い、
上限に到着したら売りというやり方が逆張りとなります。


ボリンジャーバンドの使い方

ボリンジャーバンド、ボリンジャーバンドの移動平均線、ローソク足の動きから
相場の動きが分かるかと思います。
ボリンジャーバンドの移動平均線はミドルラインになりますので、トレンドの
判断材料にもなるかと思います。


スクイーズ(レンジ相場)しているコインを探す

まずスクイーズしている銘柄を探します。
そのうえで、出来高がともなっている銘柄を選ぶと、なおいいかなと
思います。
これから上昇していく見込みがあるので、リスクが少なくていいかなと思います。

エントリーポイント例


移動平均線の上の方で、ローソク足がミドルバンドで反発し、
その後エクスパンションが発生すればエントリーしてみてもいいかと思います。

または、日足でボリンジャーバンドの移動平均線をローソク足が抜けていけば、
上昇トレンドが始まる確率が高いので、エントリーしてみてもいいかと
思います。

利確ポイント


バンドの上限にローソク足が到着&RSIが買われすぎの時か、開いたバンドの
値動きとは反対のバンドが閉じる方向に動きだし、なおかつ、ボリンジャーバンドの
MAをローソク足が下抜ける所が利確ポイントになるかと思います。


RSIとセットで使う

ボリンジャーバンドだけだと心もとないので、RSIを一緒に使うと
信憑性・制度が増します。
RSIの売られすぎの時に、ボリンジャーバンドの下限にローソク足があると買い。
RSIの買われすぎの時に、ボリンジャーバンドの上限にローソク足があると売り。
みたいな感じです。