RSI【Relative Strength index】の使い方

RSI【Relative Strength index】の使い方

RSIとは?

RSI(相対力指数)とは相場の売られすぎ・買われすぎを0~100の数字で
教えてくれる、オシレーター系のインジケーターになります。
もっともポピュラーなインジケーターなんじゃないかなと思います。


RSIの見方

RSI値の70~80を上抜けると買われすぎ
RSI値の20~30を下抜けると売られすぎ

20~30で買いシグナル、70~80で売りシグナルととらえます。


RSIのダイバージェンス

ローソク足の動きに対して、RSIが逆行していくことをダイバージェンスと言います。
ダイバージェンスが発生した場合、トレンドが反転して値動きが高騰、もしくは
急落する場合があります。

強気ダイバージェンス

ローソク足が安値更新、RSIは上昇

弱気ダイバージェンス

ローソク足は高値更新、RSIは下降

RSIの使い方

レンジ相場で使う

トレンド相場ではダマしが多いため、レンジ相場と相性がいいと思います。

相性がいいインジケーターと組み合わせる

移動平均線やボリンジャーバンド、MACDや一目均衡表といった、
トレンド相場に強いインジケーターと一緒に使うといいと思います。