うつ病の原因「反芻思考」を止める方法【くよくよといつまでも悩むのはよくないですよ】

うつ病の原因「反芻思考」を止める方法【くよくよといつまでも悩むのはよくないですよ】

こんにちは、ふりかけです。

考えてもしょうがないこと、考える必要のないことでずっと悩んだり

考えたりしたことってありませんか?

反芻思考とは?

くよくよ悩む、同じことを悩み続けてしまう思考のことを反芻思考といい、

鬱の原因となります。

反芻思考によるデメリット

f:id:shinn822:20191006023853j:plain

脳が100%目の前の問題に使われていない状態ですので、集中力が低下して

仕事でミスをしたりします。

また、心が消費してとても疲れてしまう為どんどん元気がなくなっていきます。

集中緑が低下するので脳のキャパシティが減り問題を解決する能力が低下してしまう。

解決方法

f:id:shinn822:20191006024215j:plain

自然の中を歩くことです。

不快なストレスや不安感により前頭前野活発になるんですが

森の中を歩くことによって前頭前野の活動を抑えることができます。

公園とかでも効果があるみたいで、自然があると認識できると大丈夫。

なぜ自然がいいのか?

バイオフィリアという性質があるから

人間は自然を愛する性質を持っているというのがバイオフィリア

の考え方です。

病気の快復が自然を見るだけでも違いがあり、自然が見える病室の患者と、

そうでない患者では回復の速さが違う。

 一定時間だけでも反芻志向を止められると効果がある

f:id:shinn822:20191006030406j:plain

ボルタリング、キックボクシングも効果があるそうです。

理由はボルタリングは壁を上っている最中に余計な事を考えていると落ちてしまうの

で、落ちないように夢中になったり

キックボクシングは集中して取り組まないとケガをしたり、バランスを崩してころんで

しまったりするからです。

結論!反芻思考を止めるには

f:id:shinn822:20191006031557j:plain

森や公園など自然を認識できる場所で1時間散歩したり

集中して取り組めることをやるのが効果的ですね。

もし時間的余裕がないかたは観葉植物を置いたりすることも

効果があるらしいので是非試してみてください。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村