仕事で溜まるストレスの原因と家庭を守る方法

仕事で溜まるストレスの原因と家庭を守る方法

みなさん仕事で溜まったストレスってどうされてますか?

趣味で発散させたりとかですかね。
それだったらいいんですが、ストレス発散が下手な人とかヤバイですよね。
ストレスが溜まる一方で体壊しちゃいますよね。

その溜まったストレス家庭に持ち込んじゃったりしたら、家庭崩壊しちゃいますよ。
社会に出てる以上ストレスを受けるのは仕方のないこととは思いますが、
家庭に持ち込んじゃったら奥さんは大変です。

そうゆうわけで今日は、ストレスから家庭を守る方法を書いていこうかと思います。

そもそも、なぜ仕事でストレスが溜まるのか

なぜ仕事でストレスが溜まるのか?

圧倒的に多いのが上司との人間関係。やはり雇われという立場ですし、
相手が上司となるとなかなか言いたいことも言えないと思います。

他にも、同僚との人間関係に対するストレス。

社長や上司が古臭いせいで、会社の風土や規則が古臭い。

給料が低いし、休みも少ないことに対するストレス。

労働時間が長かったり、仕事の量に対するストレス。

賃金や能力に釣り合ってない、責任の大きい仕事を
任されていることに対するストレス。

または、自分自身の性格によるストレスもあります。

仕事でのミスに怯えてる人臆病な性格、責任感が強く完璧主義な性格、

心配性、周りの目が気になる、負けず嫌いの性格、自分の気持ちを

なかなか言い出せない、などが上げられます。

溜まったストレスを上手に発散できればいいのですが、翌日の仕事に溜まったストレスを持ちこしたら、間違いなく生産性も下がってコスパが悪いです。

ストレスを家庭に持ち込んだらどうなる

ストレスの多い仕事に多くの時間を費やしている人は、そのストレスを家庭に持ち込みがち。

あるあるだと思うんですが、口げんかを始めたり、パートナーを無視したり、子供や配偶者に大声をあげやすくなり、反感を買いやすくなる。

あまりにも酷くなると、パニック障害を引き起こしたり、うつ病になったりします。

そうなってくると、家事の全部がパートナーにいってしまいます。

解決策!ストレスから家庭を守る方法

ストレスから家庭を守るには、根本的にストレスの原因になってる問題に
一つ一つ取り組む必要がある。

人間関係に対するストレスには、仕事上の付き合いと割り切るか、あまり近づかない。

会社の風土や規則に対するストレスには、思い切ってココをこうゆう風に直してくださいと提案してみる。

給料が低い、休みが少ない、労働時間が長い、仕事の量に対するストレスには、会社と交渉してみる。
ダメだった場合、給料が低いとかだったら副業してみるの手かもしれないです。
転職もありかも。

賃金や能力に釣り合ってない、責任の大きい仕事を任されていることに対するストレスには、まずなんに対してストレスを感じているのかを洗い出す。

自分自身の性格に対するストレスには、自己分析をおこなって、上手に自分と付きあう。そのうえで、自分に合ったストレス発散方法を見つける。

例えば、適度に運動する、趣味に打ち込む、美味しい食べ物などを食べに行くなど。一番いいのは森の中を散歩するのがいいかも。
あと瞑想なんかもいいみたいですね。

パートナーと協力する

パートナーと話し合い、お互いが一人で過ごせる時間を設けたり、「いま抱えてるストレスに対して何が必要かを考える」

パートナーが仕事で溜まったストレスに対して話をしてきた時は耳を傾ける。

間違っても、帰ってくるなり相手をけなしたり、怒鳴り散らしたりしないように。息抜きの仕方だって人それぞれ違うでしょうから、同じ方法で息抜きすると思い込むのはNGです!

まとめ

世の中にストレスをまったく感じない人なんていないし、ゼロにする方法なんて難しいと思います。
思い切って転職して環境を変えてみる手段もありますし、適度にガス抜きして、上手にストレス発散させてください。