おすすめのSEOに強いWordPressテーマ無料版

おすすめのSEOに強いWordPressテーマ無料版

結論から言うと、本気でアフィリエイトやブログをやろうと考えてる人は無料版よりも有料版の方がいいです。

有料版の方がSEO対策がしっかり行われてて、カスタマイズ性、
デザイン性共に優れています。

サポートも充実しておりますし、無料版より有料版の方が更新頻度が高いので、最新のテーマをお使いいただけるかと思います。

あとからテーマ変更できますが、記事の本数が多ければ多いほど
大変だと思いますので。

ですが、無料でも有料に引けを取らないものもありますので、
無料でSEOに強いWordPressテーマを紹介したいと思います。

STINGER


シンプルなデザインながらカスタマイズ性が高いテーマだと思います。
YouTube動画を背景に設定したり自分好みのWEBサイトを作りたい人に向いてると思います。
SEOに関する設定も簡単にできますし、たくさんの方が使われているのでカスタマイズ方法などWeb上にたくさん出回ってる為、初心者でも細かいカスタマイズも行えると思う。
ただ、他の方が使われている「STINGER」と差別化が必要かも。

https://wp-fun.com


LION MEDI


メディアサイト向けに作られたWordPressテーマです。
プライグイン無しでAMP対応・SEO最適化など高機能で細かいところまでカスタマイズが可能。

https://fit-jp.com/theme/theme_download/


LION BLOG


メディアサイト向けに作られたLION MEDIAに対して、ブログ向けに作られたテーマです。
無料でありながらデザイン性が高くSEO対策にも優れていて高機能。
有料のテーマに見劣りしないテーマとなっていますので、お金を掛けずにSEOに強いサイトを作りたい方は是非使ってみてください。

https://fit-jp.com/theme/theme_download/


Beans


Beansはシンプルなデザインながら軽量化されたテーマです。
カスタマイズのベースとなるテーマとなっておりますので、カスタマイズを楽しみながらサイトを作っていきたい人に向いてると思います。

https://www.getbeans.io/themes/


Luxeritas


Luxeritasは、SEO最適化済み、レスポンシブ、
高カスタマイズ性を持つ無料のWordPress テーマです。

多機能であるにも関わらず、Webページを高速に表示するための仕組みが満載されており、非常に高速に動作します。

https://thk.kanzae.net/wp/dl/


Xeory Base


コンテンツマーケティングを行っているバズ部が開発した、コンテンツマーケティング用のブログ型テーマです。

シンプルでデザイン性も高く、テーマはブログ型とサイト型の二種類あります。

https://xeory.jp/template/

Gush5


カスタマイズを前提として作られたテーマ。
カスタマイズを楽しみたい人向け。
CSSなど覚えながらサイト作りしたい方は使ってみていいかも。

サイト作りに時間を掛けずに、記事を書くことだけに集中したい方は
向かないと思います。

https://wp-gush.com/gush5/download/


マテリアル


必要なものが標準装備で付いており多機能なテーマです。
SEO対策もされており、WordPress初心者にお勧めかも。

https://wp-material.net/material-download/


Simplicity


内部SEO対策済みの非常にシンプルなテーマです。
ブログの主役は本文記事という考えから、記事中の画像が見やすいように
作られてます。
テーマのカスタマイズが手間だと考える人には向きませんが、細かいところまで
カスタマイズしたい方には向いてると思います。

https://wp-simplicity.com/downloads/downloads2/

Cocoon


Simplicityの後継となります。
シンプルなデザインでありながら内部SEO施策済みでAMP機能も手軽に利用できます。
ページ高速化機能が搭載されておりGoogleの高速化に最適化できるように作られております。
とにかくシンプルなデザインで高機能なテーマを使いたい方にお勧めかなと。

https://wp-cocoon.com/#toc3


注意点

SEOに強いテーマを使えば検索順位があがるわけではありません。
SEOに強いということは、SEOに必要な対策が施されているということです。
有料にいたっては、無料より機能が充実しているということです。

つまり、有料でも無料でもコンテンツの質が大事。
あくまでも主役は記事本文